暮らしにちょっと彩りをそえたくて
2007年 07月 12日
コンチキチン~♪に誘われて
京の名士でもある古ぅ~~~い友人に誘われて、
久しぶりに京都へ行ってきました。
京の都は、「祇園祭」真っ只中です。
四条通を歩いていると大きな山鉾が!こんなに近くで見たのは初めてです。
f0128096_2334490.jpg


ラッキーなことに
今日、7月12日は曳初の儀といって、
完成した鉾に巡行当日と同じ盛装で音頭取、囃子方が乗り込み、町内を試し曳きします。
稚児と禿は初めて動いている鉾に乗れる日なのです。
f0128096_2343413.jpg

祭壇に柏手を打ち、曳初の安全を祈願してから鉾に乗ります。四条通りの鉾町より富小路通までの往復の試し曳き。沿道は多くの人達で溢れています。綱を引くと厄除けになると言われ、この時は女性や子供も曳く事ができるそうです。

f0128096_235137.jpg

稚児は、祇園祭の生神さま。古式に則り、八坂神社から長刀鉾町へと養子に出され、やがて神様の使いとなり、数々の儀式をこなしながら、祭りの無事を祈願します。

その儀式の多いこと!
親は実質2ヶ月間は休業状態になるので、
お断りされる家もあるんでしょうね。。。

山鉾巡行の日は、稚児が振る太刀によって注連縄が切り落とされ、これで結界を解き放ち、山鉾を先に進ませるという大役を任されているそうです。
「よぉ~~っ日本一!」


そうそう、
来年の稚児探しがまもなく始まるそうな。
内密に内密に・・・

京都にお住まいの年頃の男子がいらっしゃるあなた、
突然あなたの家にも長刀鉾保存協会からお電話がかかってくるかもしれませんね(*^_^*)

by akkochan-sukisuki | 2007-07-12 23:25


<< 京都を訪れた本当のわけ      とうとう足を突っ込んでしまいま... >>